ガス料金が高い理由は
2019年4月30日

プロパンガスと都市ガスの違いを知ろう

プロパンガスと都市ガスの違いですが、これはいろいろあります。

プロパンガスはガスボンベで各家庭に供給され、成分は名前のとおり主にプロパンで、その他にブタンも含まれています。料金的には都市ガスと比べて高いことが多いのですが、どのガス会社からガスを購入するかというのは基本的に契約者の自由であり、価格交渉の余地が大きいです。また、ボンベさえあれば利用できるので、万が一の災害の際にも利用可能なことが多く、仮に損傷したとしても復旧が早いという違いもあります。

あまり知られておらず、しかもイメージ的には逆かもしれませんが、熱量が大きい、つまり火力が強いということも特徴の一つです。一方で都市ガスは、ガス管を通じて各家庭に供給されるため、都市部以外のガス管が埋設されていないような地域では利用したいと思っても利用できません。ガス料金自由化により、どの会社から購入するかは自由に選べるようにはなったものの、そこまで価格交渉の余地は大きくありません。

しかし、そもそも基本的にはプロパンガスと比べて価格が安いという違いがあります。ボンベを使わない分だけ爆発などの危険性は少ないと言えますが、大規模な災害が発生し、埋設されているガス管に大きな損傷が生じたような場合には、ボンベを運ぶだけで復旧可能なプロパンガスとは異なり、復旧まで長期間を要することがあります。なお、成分的にも異なっており、都市ガスの主成分はメタンです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *