ガス料金が高い理由は
2019年4月30日

都市ガスとプロパンガスの違いと優れている点

費用面の違いは否めないのもプロパンガスと都市ガスとの違いですが、マイナスの要素だけがあるわけではないです。

自由に価格を決められるわけではない都市ガスの方が、確かに費用の安さは利点になります。でもプロパンガスと都市ガスの違いを知ることで、損をしているわけではないことを理解することも必要です。LPガスの毎月のガス料金だけを見て、単に高いと頭をうなだれることなく、良い面にも目を向けるともできます。

昔ながらのLPガスの発熱量は、普段あまり意識をする点ではありません。ですが発熱量を比較してみても、同じほどの体積を使用しても、2倍くらいは多く温めることができます。つまり発熱量にスポットを当てると、優れているということです。発熱量にあまり長けていないと、時間がそれだけあたためるために必要になります。LPガスの場合は2.2%から9.5%が、一般的な燃焼範囲です。

ガスがどれほど空気中にあることで、燃焼をしたり爆発を起こすかの濃度量が燃焼範囲になります。都市ガスの場合は4.6%から14.6%なので、燃焼及び爆発を引き起こす危険は、プロパンガスよりも高いです。もちろん通常のガスの使用は、安全性を重視して、それを前提に使うことになります。ですが燃焼範囲という面でも、それだけリスクを抑えられるのは、利用をする消費者としても安心につながるポイントです。プロパンガスの利点にスポットを当てましたが、都市ガスにもプロパンガスにも、それぞれに良い点があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *