ガス料金が高い理由は
2019年5月6日

生活で役立つプロパンガスと都市ガスの違い

私たちが生活する中で、ガスや電気などはとても重要なライフラインです。

その中でも、ガスは料理を作ったり、お風呂を沸かしたりとなにかと使用する場面も多くなります。生活の中で使用することの多いガスですが、ガスの中にはプロパンガスと都市ガスという種類の違いがあることはご存知でしょうか。二つともよく耳にする言葉ですが、その違いをしっかり説明できる人は少ないかもしれません。プロパンガスと都市ガスの違いは、簡単に言うとガスの供給方法が大きく異なります。

プロパンガスは船で輸入・製造された後、専用のボンベに充填され、そのボンベを各家庭に配達します。ボンベ内のガスがなくなると、新しいボンベと交換するという仕組みです。一方都市ガスは、輸入された後に加工され、土に埋まっている導管を通じて各家庭に供給されます。導管を通じて随時供給されるものなので、ボンベの交換等の手間がなく、都市ガスに切り替える家庭も増えいています。

会社によって違いはありますが、料金を比較するとプロパンガスの方が約1.6倍高くなっています。料金重視の方は都市ガスを選ぶ方も多いようです。また、火力を比較するとプロパンガスの方が約2.2倍の熱量を持っています。料理をする場合で考えると、単純に2倍の火力があるとは言えませんが、例えば3口コンロでも同時に強い火力で料理ができるため、飲食店などで用いることも多いようです。一概にどちらのガスが良いとは言えませんが、実際に使用するシチュエーションによって賢く選択できるように違いを理解しておくと生活の役に立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *