ガス料金が高い理由は
2019年5月12日

災害時復旧などプロパンガスと都市ガスには違いがある

美味しい食事を作るためにも、温かいお風呂に入るためにも、生活の中にガスはなくてはならない存在です。

大きく分けると2つの種類があるのがガスであり、プロパンガスと都心部に多い都市ガスになります。両者には違いがあるのと共に、どちらにもメリットがある半面で、デメリットもゼロではありません。違いを知ることでガスへの意識も変わりますし、両社のプラス面もマイナス面も知ることは損にはならないです。

天然ガスチタンを使うのが都市ガスであり、プロパンガスとの違いとしても、費用面は良く注目をされます。取り扱い会社が自由に決定をするわけではないため、ガス料金を安く抑えられるのはメリットです。使用をするにあたり爆発や燃焼も気になる部分ですが、安全性の高さでも引けを取ることがありません。逆にマイナス面を見ると熱量は低めであり、災害発生時には復旧は少し遅れがちです。最初に設置をする時には、それなりの初期費用が掛かりますが、金額的に高めの設定になります。

都市ガスよりも熱量が高いのがプロパンガスであり、多数の業者がサービス提供をしているので、料金面の交渉をすることも可能です。最初に設置をする時の初期費用も安くて、災害が起きた時の復旧も比較的早いと言えます。デメリットを見てみると、毎月のガス料金は高めの設定です。また自由に価格設定ができるだけに、料金に変動があるのも否めません。両方の良い面もマイナス面も知ることで、ガスへの理解を深めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *