ガス料金が高い理由は
2019年5月18日

プロパンガスと都市ガスの大きな違いって何?

進学や就職、転勤など新しい場所で新生活を始める人が多い時期です。

新居がプロパンガス、都市ガスと表記されているけれど違いがいまいち分からないなんて思っている人はいませんか。初めての一人暮らしなどで今まで住んでいた家が、プロパンガスなのか都市ガスなのかさえ意識したことない人もいるはずです。実際に普段の生活で、料理をしたりお風呂に入ったりと利用自体に違いはありません。基本的な違いで言うと、供給の仕方が違います。

プロパンガスの場合は外にガスが充填されたボンベがあり、そこから供給され利用します。都市ガスの場合は地下のガス管を通じて利用するので、配管設備がされていない地域では必然的に利用できません。さらに、この二つの違いで最もよく言われているのが料金の差です。プロパンガスの方が都市ガスに比べ同じ量を使用しても高くなってしまいます。基本料金の部分から差が表れています。料理をよくする、お風呂は毎日浸かりたいなどあらかじめ利用する場面が多い人は、物件を探す際に都市ガスが通っているものを探すのもポイントです。

料金が高いと言われているプロパンガスですが、価格競争のある地域では会社を選ぶことによって料金を抑えることも可能です。デメリットに目が行きがちですが、熱量が高いことや災害が起こった場合の復旧の速さでは圧倒的にこちらに軍配が上がります。料金重視でいくか、火力重視を取るかでも変わってくるので自分の生活スタイルを当てはめてみるとよいでしょう。なお、ガスレンジは互いに専用の物があり併用して使うことはできませんので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *