ガス料金が高い理由は
2019年5月24日

プロパンガスと都市ガスのコストパフォーマンス

プロパンガスと都市ガスの違いは、料金に差があるという印象となっているはずです。

都会に住んでいる人は都市ガスの恩典があって比較的安い料金で使うことができるのに対して、地方に住んでいる人たちはプロパンガスの供給しかなく、やや高い料金をやむなく払っているということからです。しかし、大きな違いは熱量にあって、プロパンガスは都市ガスの約2倍の燃焼力を持っていると言われています。

このことからすると熱量と料金の関係であるコストパフォーマンスはプロパンガスの方が良いということになります。だから、結果として料金も安く済むということになりそうですが、実際問題としては価格設定のこともあって、現実的には都市ガスの方が安い料金で済むという結果になります。現実問題としては、両者の違いが分かっていても、自由に選べるという具合には行きません。プロパンは取扱業者がいさえすればどこでも使うことができますが、都市の場合は設備が施されているところでしか利用することができません。

現にかなりの都会でも設備が施されていないためにプロパンを利用するしかない地域もあります。そこに無理やり設置してもらおうというものなら、それこそ莫大な費用を負担しなければなりません。プロパンは最近競争状態となっており、値下げする業者も多くなっているので相見積もりなどで対応すると安い料金で使うこともできます。しかし、このことを利用して、詐欺まがいのことを行う悪い連中も増えているので、注意が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *